準備は万全ですか

>

式前日は落ち着かないけど、落ち着いて

結婚は二人のもの

初めは二人のものです。そして、最後も二人のものです。でも、その二人の関係性は広がります。
親戚は二倍になります。いろいろな問題も二倍になります。
でも、二人の間柄がしっかりしていて、何でも話し合うことができれば、いろいろな問題を解決していくことができます。
二人で解決していくのです。どんなことも。だから、話し合いができる間柄になっておくことが大切なのです。
自分の気持ちを素直に話すことができ、相手の意見も素直に聞くことができる。
そうすれば、どんな問題でも解決していくことができます。
想像していなかった出来事が起きた時も、解決できます。しっかりした関係を築いていきたいですね。
結婚は二人のものだから。相手を信じ、一緒に歩いて行ける関係を作っていきましょう。

結婚は家同士の問題

やはり家同士の問題もあります。家業がある場合などは特に顕著です。
相手の家に入る、なんていわれることがあるのも確かです。
今まで違った道を歩いてきた二つの家、二人が同じ道を歩こうとしています。
考え方の違いがあっても、おかしくありません。相手の立場に立つことやよく話し合うことが大切です。
家業があることは、結婚を決める前からわかっていることですよね。
どうぞ、相手を尊重してください。新しい家族ですから、わからないことや納得いかないことがあるのはある意味では当然です。
自分の意見も聞いてもらいましょう。そして、相手の気持ちも聞きましょう。
ぜひ、結婚式前日には相手の家の方と話をしてほしいと思います。
自分の家族とはこれからもずっとつながっていきます。新しい家族と早く打ち解けられるようにすることが一番大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る